旅や日々の暮らしをとおして考えたこと

あんみつ屋と大学生カップルの攻防

某有名観光地の、某有名あんみつ屋をひとりで訪ねた時のこと。

 

その店は、あんみつ屋というか、いわゆる甘味処で、

おぜんざい、パフェ、小倉トーストなどを提供していました。

昔ながらの、とてもちっちゃな店で、テーブルは、2人掛けが4台と、4人掛けが1台のみ。

ちょうどお昼時だったので、そんなに混まないと思ったのですが、予想に反して次から次へとお客がやって来ます。

 

店のホールを取り仕切るお姉さんが、訪れる客たちを、それはそれはシャキシャキと、空いたテーブルに割り当てて行きます。

空いた2人掛けテーブルをお姉さんが片付けている最中に、

2人組の女性客が来店。

4人掛けの席に座ろうとしました。

するとお姉さんは「こっち片付けるまで待っててください!」と、すかさず制止。

ここまで客に清々しくモノが言えるなんてかっこいいです。私も見習いたい。

観光地のど真ん中なので、こんな小さなスペースとはいえ、家賃がものすごく高いのでしょう。

 

お姉さんの華麗な客さばきに惚れ惚れしていると、

大学生とおぼしきカップルが来店しました。

大学生カップルは、近隣の店で購入した飲みかけのレモネードのカップを持っていました。

店のお姉さんは、そのレモネードを見てズバッと「他店のゴミは、必ずお持ち帰りください。」と牽制。

姉さん、さすがです。

 

席に着いたカップルは、メニューを見ながら、持ち込んだレモネードを飲み始めました。

姉さんはここで、「持ち込みの飲食はご遠慮ください。」と指摘。

そうだね。そのとおりだね。まぁ、彼らもうっかり無意識に飲んじゃったのかもね。

 

大学生カップルのオーダーは、

「小倉トースト1皿」以上!

お姉さんは「おひとりさまワンオーダーでお願いします。」とこれまたズバッと指摘しました。

・・・そうだよね。姉さん、世の中そういうもんだよね。

 

で、大学生カップルが、何をもう一品頼んだかというと、

「小倉トーストに、セットのコーヒーを付けてください。」

さすがにセットのコーヒーは、もう一品としてノーカウントでしょう。

「ドリンクを注文するなら、セット用以外のドリンクにしてください。」とお姉さん。

結局カップルは、セットドリンク以外の飲み物のなかで最安だった、お抹茶を注文。

お抹茶一服と、小倉トースト1皿を、2人で幸せそうに分け合っていました。

 

お会計の際、カップルの彼女のほうが、お財布を確認してひと言。

「あ、一万円札しかなーい」

「じゃあ、ここは彼女ちゃんが万札で払って、お金くずそうよ。」

 

一万円札でお会計を済ませ、2人は仲睦まじく店を去って行きました。

あんみつ屋のお姉さん、すごく強かったけど、このカップルもなかなかだったな。

 

※わかる人にはどこの店かすぐ分っちゃいそうなので、所々フェイクを入れています。

-旅や日々の暮らしをとおして考えたこと

© 2022 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5