子連れ旅の悩み解決

子連れ・赤ちゃん連れお泊まり旅行の荷物は何が必要?

子連れホテル泊・旅館泊に役立つ!毎月お泊まり旅行してる旅バカなママが荷造りについて語るよ。

こんにちは、神奈川県在住、2人の男の子のママです(長男3歳、次男1歳)。

子連れ旅の荷物の準備、すごく大変ですよね。

必要なものが多すぎる。荷物だけじゃなく、子供も運ばないといけないのに。

私が子連れ旅1年生の頃は、旅行会社のホームページに載っている「赤ちゃん連れ旅行の持ち物リスト」的なものを見ながら、パッキングしていました。

実際に旅行をくり返すうちに、「こんなに沢山運べないんだけど?」「これがあったほうが良いんじゃない?」といった失敗や発見を数多く経験。

自分で言うのもアレですが、そろそろ、洗練された「荷造りのプロ」になって来たんじゃないかと感じております。

この記事では、私が子連れで毎月毎月旅行してきた経験から、お泊まり旅の荷物に関する本気のお役立ち情報をご紹介します。

わが家の子連れ旅の持ち物例、スーツケース、輸送手段

この表は、わが家が実際に1泊2日の近場お泊まり旅行に行ったときの持ち物リストです。(当時、長男3歳、次男0歳9ヶ月)

旅行に行くときは、毎回エクセルで持ち物リストを作り、それを参考にパッキングしています。

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

近場に1泊2日の旅行に行った際の持ち物リスト。

いやぁ、ほんと荷物多い・・・

1〜2泊程度の小旅行では、約70リットルサイズのスーツケース1個に、家族4人分(私、夫、長男3歳、次男0歳)の荷物を入れています。

(手元に持っておきたい身の回りの品はリュックに入れています。子連れ飛行機旅の手荷物紹介記事はこちらから。

わが家の旅行は、飛行機、新幹線、電車を利用した「公共交通機関の旅」がほとんど。

そのため、スーツケースは事前に、自宅からホテルへ宅配便で送っています。

帰りもホテルから自宅へ直送!

少々お金はかかりますが(関東・関西往復で4,000円程度)、赤ちゃんを抱っこしていたり、ベビーカーを転がしたりの旅路なので、身軽に動けることを優先した結果、この方式になりました。

ちなみに、飛行機旅の場合は、帰りは出発空港のカウンターから自宅に送れる「宅配便サービス(JAL)」「宅空便(ANA)」を利用することが多いです。(料金が安い!1個千円程度。)

出発前に要チェック!忘れると本当にヤバい持ち物はこれだ。

まじめにエクセルで持ち物リストを管理している割に、なぜか毎回、あれこれ忘れ物をしてしまいます。

その中でも、過去に忘れてもっともヤバかった持ち物は、以下の2点です。

◎お食事スタイ・エプロン

◎健康保険証&母子手帳

「食事スタイ・エプロン」は、リゾート地や観光地ではめったに売られていません。

わが家の長男がまだ1歳の頃、実際にお食事スタイを忘れてしまい、旅行中ずっとノーエプロンで過ごしました。

よりにもよって、周囲に一切お店が無い、非日常感たっぷりのリゾートホテルに2連泊だったのです。

布製のスタイやタオルで食べこぼしをガードしようと頑張ったものの、それはそれは大惨事でした!

食事のたびに洋服が汚れるので、着替えも足りなくなり、夜な夜な部屋の洗面所で洗濯しました。

お食事用スタイは、「このエプロンじゃなきゃ絶対やだ!」的な、子供なりのこだわりがあるケースもありますし、日頃使い慣れているものを忘れずに持って行くのがホント大事です。

そして、「健康保険証・母子手帳」は、言うまでもなく替えが効かない超大事なアイテムです。

わが家の場合、これらは常に家の中の決まった場所に置いておくルールになっているので、荷造りの際にカバンに入れる順番が最後になりがち。

で、実際に過去2回ほど、旅行に持っていくのを忘れてしまいました。

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

さいわい、その旅行中に病院にかかることはありませんでしたが、もしも健康保険証を持たずに病院を受診すると、医療費を10割(病院によってはそれ以上)負担することになってしまいます。

逆に言うと、上記以外のベビー用品は、旅先でも比較的入手しやすいアイテムだったり、代用が効いたりするので、忘れてもなんとかなります。

お食事スタイ、健康保険証&母子手帳だけは絶対にカバンに入れて、あとは気楽に構えよう!

あると便利なグッズ(基本編)

わが家が実際に使っている、子連れ・赤ちゃん連れ旅行のお役立ちグッズを、基本編とマニアック編に分けてご紹介します。

格安で用意できるものもあるので、ぜひ試してみてください。

食器用洗剤とスポンジ

お食事エプロン、カトラリー、ストローマグ、哺乳瓶などを洗う際に使います。

ホテルのお部屋にある石鹸やボディソープでは、食べ物の油汚れが落ちないので、わが家は毎回、食器用洗剤を持参しています。

洗剤は化粧品の詰め替え容器に入れ、スポンジはカッターナイフで3分の1サイズにカットしたものを使っています。

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

洗剤は化粧品のボトルに詰め替え。スポンジは、カッターナイフで小さめにカット。

スポンジを小さめにカットしておくことで、荷物を減らせるだけでなく、ストローマグや水筒など、口が狭い容器も洗いやすくなります。

1泊程度であれば、わざわざ洗剤を詰め替えなくても、スポンジに少量の洗剤を染み込ませて持っていくのもアリです。

お風呂やプール用の大きめトートバッグ

ホテルや旅館の大浴場、プールなどを利用する際に、子供の着替えやタオルを入れるのに使います。

ドサっと詰め込める大きめサイズで、水濡れに強いものが便利です。

100円ショップで売っている、ナップサックタイプのビニール袋などがオススメです。

宿のコインランドリーを利用する際の洗濯物入れとしても使えます。

チェアベルト

ベビーチェアが無い場所で役に立つチェアベルト。

大人用のイスや、ベルトなしの子供用イスに装着することで、小さな子供が安全に座ることができる補助ベルトです。

わが家が使っているチェアベルトはこのタイプ↓ちょっとお値段高めですが、セーフティーベルト付きで、急な立ち上がりを防止出来ます。

ワタシ調べでは、ホテルや旅館の朝食会場のキッズチェアは、8割がた「ホールドベルト無し」タイプです

飲食店だけでなく、ホテルの客室内で、子供にごはんを食べさせる時にも便利です。

100円ショップ・ダイソーで買える「べんりベルト」

ダイソーで売ってる、ゴム製の荷物ベルト。

(セリアでも同様の商品が販売されています。)

マジックテープでバリっととめて、荷物をコンパクトに収納することが出来ます。

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

人気商品のべんりベルト。旅行でも大活躍!

パジャマや赤ちゃんのおくるみ、ダウンジャケットなど、ちょっとかさばる荷物のパッキングに便利です。

「圧縮袋を使うほどでは無いけれど、もう少しコンパクトにまとめたいな〜」という時に重宝します。

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

べんりベルトで巻けば、かさばる荷物をちっちゃくまとめられる。

大きめのレジャーシート

幼児・赤ちゃん連れでのお泊まりは、畳のお部屋が一番安心ですが、

和室・和洋室に限定して宿泊先を探すとなると、選択肢がかなり狭まってしまいます。

(まれに、畳が古かったり、ささくれてたりする残念ケースもあります。)

和室にこだわらず、好きな宿の好きな部屋に泊まりたいなら、大きめのレジャーシートの持参がおすすめです。

わが家では、2畳サイズ(1.8m×1.8m)のシートを使っています。

オムツ交換や着替えはもちろんのこと、レジャーシートの上で遊べば、客室のカーペットを汚す心配とも無縁。


↑わが家が使っているレジャーシートはこちらのシリーズ。オシャレなくすみカラーで、写真映え◎。ホテルのお部屋に敷いてもインテリアをジャマしません。

当たり前のことですが、小さな子供にとって、ホテルのお部屋の中をスリッパ履きで歩き回るのは簡単なことではありません。

そもそもスリッパ自体が歩きにくいですし、家や保育園では裸足で過ごしているのに、急に普段と違うことをやるのは難しい。

わが家が洋室に泊まるときは、「レジャーシートの上は裸足OK。それ以外はスリッパで。」というルール設定で、レジャーシートを子供たちの安全地帯として使っています。

これを数回繰り返した結果、うちの長男は3歳になった頃から、ホテルの客室で自主的にスリッパを履くようになりました。

あると便利なグッズ(マニアック編)

常温保存可能牛乳

冷蔵庫に入れなくてもOKな牛乳。

125mlや200mlの飲み切りサイズがスーパーで普通に売っています。

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

賞味期限が長い点でも使い勝手が良い!

旅行中は外食が続きますし、自動販売機で飲み物を買う機会も多く、子供はジュースばかり飲んでいる状況になりがちです。

そんな時に「あ、牛乳あるよ?」と差し出すために、私はこの「常温牛乳」を持ち歩いています。

これだけで、自分の罪悪感がいくぶんか和らぐのです。

しかも牛乳って、意外と旅行中に手に入りにくいんですよね。

風呂場に瓶入り牛乳が売られている温泉宿ならともかく、ホテルの自販機や売店で牛乳を売ってることは滅多にありません。

子供に突然「牛乳飲みたい」と言われた時の備えという意味でも、この商品には大変助けられています。

※冷蔵庫に入れる必要はありませんが、常温を越えない温度で保存する必要があるので、暑い時期は保冷バッグで持ち歩いています。

電動ポンプ内蔵のエアーベッド(エアーマットレス)

スイッチひとつで自動で膨らみ、自動でしぼむ、エアーマットレス。

ベッドサイドにこれを置けば、子供がベッドから落ちた時のクッション代わりになります。

ありがたいことに、世の中には小学生まで添い寝無料のホテルや旅館がたくさんあるのですが、

それで快適に眠れるかは、また別の問題。

眠りの質は、旅行の質に大きく関わる問題ですからね。

例えば、TDRのトイストーリーホテルは、正ベッドが幅110cm。

これで小学生と添い寝って、無理じゃないですか??

(いや、私が実際に泊まったわけじゃないけれど。)

わが家の場合、長男はまだ3歳ですが、シングルベッドでの添い寝に限界を感じ、エアーベッドを導入しました。その結果、

「下にエアーベッドがあるから、ベッドから落ちちゃっても、まぁいっか。なんなら、私がエアーベッドで寝ればいいや。」

という感じで心のゆとりが生まれ、旅行中の睡眠の質が向上しました。

(もちろん、客室の定員を守って、本来の人数分の宿泊代金を払ったうえでの話です。)

エアーベッドの価格は、電動タイプで6,000円程度。

自宅で来客用としても使えるので一石二鳥。キャンプでも使える。

わが家のエアーベッドは、米国のインテックス製(浮き輪やビニールプールで有名な会社)です。

うちで使っているエアーベッドはこのタイプ↓


上記エアーベッドには、こちらのボックスシーツ↓がシンデレラフィット。サテン調で、ホテルライクなデザイン。

電動ポンプ作動中は、掃除機のような音が出るので、夜間に膨らませる際は騒音に注意。

シングルサイズのエアーベッドを畳んだ大きさは、バスケットボールをやや押し潰したくらいのサイズ感です。

ちょっとかさばりますが、あるのと無いのとでは大違いなので、ほぼ毎回持参してます。

ボックスシーツを着けて使うと、違和感なくインテリアに馴染みますし、汚れや破れの防止にもなります。

※安全のため、乳幼児を1人でエアーベッドに寝かせる目的での使用はやめておきましょう。

(中身が空気だからバインバイン弾みます。小さな子供は弾んだ拍子に転んでしまう可能性があります。)

養生テープ

ホテルや旅館の客室には、ちょうど子供の顔の高さに、角張った家具がありがちです。

一体なぜ、ホテルの家具はあんなにカクカクと尖っているのか?

大人だって、酔っ払ってぶつかることがあるのだから、

角が丸い家具のほうが、万人に優しいと思うのですが。

客室の家具に危険を予感した時は、タオルと養生テープを使って、角をガードしちゃいましょう。

家具にテープを直接貼ると、表面の塗装が剥がれてしまうかもしれないので、

写真のような感じで、タオルの上から養生テープを貼ってざっくりと固定します

<img src=“tips for packing travel with kids.jpg” alt=“子連れ旅行 荷造り 便利グッズ”/>

家具にテープが付かないよう、タオルの上からざっくりと貼って固定する。

これだけでも安心感がグンとUP!

タオルが足りないときは、未使用の紙オムツで代用可能です。


おわりに

いかがでしたでしょうか。

小さな子供連れの旅行って、旅の準備の7割くらいが「荷造り」なのではないかと、私は思っています。

今、旅行に向けて荷造りをしているパパさんママさん、旅行、うらやましいなぁ・・・じゃなかった、お疲れさまです!

旅行会社などがネットで紹介する、正統派の「子連れ旅の持ち物リスト」が、自分にはしっくりこなかったので、

もっとリアルな情報を紹介したいという思いから、この記事では私なりの「子連れ旅の荷造り論」をまとめてみました。

冒頭で「荷造りのプロ」を名乗ってしまいましたが、まだまだ発展途上の新米ママですので、今後も新たな発見があり次第、追記していきたいと思います。

子連れ飛行機旅の手荷物ぜんぶ紹介

1歳半子連れ飛行機体験談

-子連れ旅の悩み解決
-,

© 2022 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5