横浜のホテル 横浜の飲食店

横浜ベイホテル東急カフェトスカで子連れランチブッフェ〜0歳・3歳児連れで行ってみた

みなとみらい駅直結で便利!パンとスイーツが絶品なホテルブッフェ

こんにちは、神奈川県在住の2児のママです。

横浜で美味しいものをモリモリ食べたくて、横浜ベイホテル東急のオールデイダイニング「カフェ トスカ」に行ってきました。
(ネット予約→一休食べログオズモール

横浜ベイホテル東急は、駅直結でアクセス良好。

高級感がありつつも、子連れ向けのサービスが充実したホテルです。

幼児・赤ちゃん連れでも、ホテルのレストランで楽しくお食事できちゃいます。

お料理だけでなく、スイーツもクオリティが高いので、食後のデザートタイムも充実!

この記事では、私が実際に子供連れでカフェ トスカのランチブッフェを利用した感想を、詳しくご紹介します。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

横浜ベイホテル東急ロビー。2022年に開業25周年を迎えました。

●この記事は2022年夏時点の情報です。

●記載した価格はサービス料・消費税込みです。

横浜ベイホテル東急の子連れ宿泊記を読む←朝食ブッフェの解説もこちらから

ランチブッフェの料金はいくら?

カフェ トスカのランチブッフェの料金は、以下のとおりです。

  • 大人 平日 4,600円 土日祝日 5,300円
  • 小学生(全日) 2,500円
  • 4歳以上の未就学児(全日) 1,000円

3歳までは無料です。お得!

上記料金には、ジュースやコーヒー・紅茶などのソフトドリンクも含まれています。

カフェラテやフラットホワイトなどもあるので、食後のコーヒーブレイクもしっかり堪能できます。

※GW・お盆・年末年始・レストラン特定日および開催フェアにより、料金が変わることがあります。
(グルメサイトをチェック→一休食べログオズモール

店内の雰囲気:ヤシの木&吹き抜けでリゾート感◎

カフェ トスカは、ホテルの2階(フロントと同じフロア)にあります。

朝食、ディナー営業も行っている、全200席のひろーいレストランです。

低層階なので、正直言って眺望はさほど良くはないです。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

低層階(2階)なので、眺望はぼちぼち。広いレストランなので、席によってもまちまちです。

席によっては観覧車が見えますが、他に特筆すべきものはないかな・・・海もほとんど見えません。

(海が見えるホテルブッフェなら「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」がおすすめ)

吹き抜け空間でガラス張りなので、開放感は抜群です。ヤシの木もたくさんあって、リゾートっぽい雰囲気。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

吹き抜けとヤシの木で、南国リゾートっぽい雰囲気。夜はもっと素敵です。

夜は外の夜景や、店内のヤシの木のライトアップがキラキラしていい感じです。

雰囲気重視派なら、ランチよりディナータイムの利用が良いかも。

席によっては、ベビーカーをテーブルに横付けして利用可能。椅子席だけでなく、ソファ席もあります。

子供用のハイチェア、子供用の皿やカトラリー(プラスチック製)があるほか、土日祝日は「キッズコーナー」が開設されます。

キッズコーナーは、ハンバーグ、ポテトフライ、アメリカンドックなどのお料理が並びます。

ドレスコードは、極端な軽装はNGで、「スマートカジュアルな装いでのご利用をお願いしております」とのこと。

都会のデパートに着て行けるような、キレイめなファッションのお客さんが多い印象でした。

お料理:目の前で調理してくれる「アクションコーナー」が充実

カフェトスカのブッフェで特におすすめなのは「アクションコーナー」「パン&スイーツ」

アクションコーナーでは、シェフがその場で調理した出来立てアツアツなお料理がいただけます。

私が訪問した時のブッフェのテーマは、ホテル開業25周年を記念した「アニバーサリーブッフェ ~こだわり食紀行~」で、アクションコーナーのメニューは、

「パルミジャーノレッジャーノであえるカルボナーラ」、「夏野菜の揚げたて天ぷら」、「ローストビーフ」、「ふわふわ卵とジャンバラヤのスパイシーオムライス」でした。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

シェフがその場で作ってくれるオムライス。スプーンが大きいのではなく、オムライスがミニミニサイズ。

(アクションコーナーのお料理は基本的にパスタ、天ぷら、ローストビーフ、オムライスの4種類がベース。開催中のブッフェテーマに合わせて、味付けや具材が変わります。)

どれも少なめのポーションなので、全種類制覇しちゃいました。

カルボナーラは、いわゆる「パスタを巨大なチーズの中で和えたやつ」。イタリアンレストランやチーズ専門店で人気のアレです。濃厚で美味しかった〜

オムライスは、ご飯の量がアイスクリーム1スクープ分のミニミニサイズ。卵ふわトロでこれまた美味しい。

カフェ トスカで提供されるパンは、高級ベーカリー「メゾンカイザー」のパン。ホテル内の工房で焼いています。

朝食ブッフェのほうがパンの種類が豊富ですが、ランチタイムでも美味しい高級パンを楽しむことができます。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

メゾンカイザーのパンコーナー。トマトのパンが美味しかった。

横浜ベイホテル東急は、スイーツも絶品。

シーズンごとに開催されるデザートブッフェ「スイートジャーニー」は、毎回予約でいっぱいになるほど人気です。

トスカのランチブッフェでも、種類豊富な美味しいスイーツがいただけます。

カットフルーツやソフトクリームもありました。

この他に、小皿にキレイに盛り付けられた冷製料理も、手がこんでいて美味しかったです。

デザートまで食べ終わった後で、締めにもう一度、冷製料理コーナーを一周してしまいました。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

冷製料理。ロミロミサーモン、ザル豆腐とひよこ豆のフムス、夏のさっぱりゼリーシュリンプと柚子の香り、トスカ風ちらし寿司

平日メニューは、ちょっとアレンジが効いた、大人向けのおしゃれ料理が中心。

小さな子供が食べ慣れている、お子様ランチのおかず的なお料理はほとんどありませんでした。

「子供に食べさせられる物がない!」というほどではないものの、小さな子供連れであれば、キッズコーナーが設置される土日祝日のほうが楽しめるかと思います。

予約は必要?ブッフェの入れ替え制とは?

ランチブッフェの営業は、基本的に開始時間が30分ごとに区切られており、各回90分の入れ替え制です。

ホテルに公式HPには「予約をおすすめします」と書かれています。

ホテルへ直接問い合わせたところ、平日でも予約で満席になることもしばしばあるとのこと。「ほぼ予約必須」と考えた方がよさそうです。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

プライベート感があって◎な、U字型ソファ席もあります。

私が2022年の夏に訪問した時は、各回の開始時間ちょうどから、席への案内が始まりました。

たとえ早めに到着したとしても、予約時間より早く入店することはできません。

終了時間の30分ほど前から、ブッフェのお料理(デザートとドリンク以外)は片付けられちゃいます。

おしゃべりに夢中になっていたり、子供の世話に追われていたりすると、時間が足りなくなってしまうので、お料理は早めにどんどん取っておくのをおすすめします。
(ネット予約→一休食べログオズモール

おわりに

このブログでは、横浜ベイホテル東急に幼児・赤ちゃん連れで泊まった宿泊記も紹介しています。

カフェトスカの朝食ブッフェについてもこちらの記事で解説していますので、あわせてごらんください。

<img src=“yokohama bay hotel tokyu buffet with kids.jpg” alt=“横浜ベイホテル東急 ブッフェ 子連れ”/>

朝食ブッフェはパンが超充実。ねぎトロ丼もあって最高だった!

横浜の人気・有名ホテルのランチやディナーブッフェのリポートは下記よりどうぞ↓

横浜ロイヤルパークホテル(ランドマークタワー)「シリウス」

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル「オーシャンテラス」

横浜ベイシェラトン「コンパス」

(↑個人的には横浜ベイシェラトンのコンパスがいちばんお気に入りです。オーダーブッフェ形式で楽&料理が豪華!)

-横浜のホテル, 横浜の飲食店
-

© 2022 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5