旅行

子連れにもオススメ!ハワイ島フェアモントオーキッドハワイ宿泊レビュー

ハワイ島(ビッグアイランド)のラグジュアリーホテル、フェアモントオーキッドハワイに赤ちゃん連れで宿泊してきました

長男(当時0歳7ヶ月)を連れた初の海外旅行で、ハワイ島(ビッグアイランド)の「フェアモントオーキッドハワイ」に3連泊してきました。結論から言うと、「総合的に大満足!」でした。フェアモントオーキッドハワイはこんな人にオススメなホテルです

  • 子連れでも、いわゆるファミリー向けホテルではなく高級感があるホテルに泊まりたい
  • ビーチ、ショッピング、レストランへのアクセスの良さを重視したい
  • 観光よりもリゾートでのんびり過ごすことを重視したい

フェアモントオーキッドハワイがある「マウナ ラニリゾート」は、コナ国際空港から車でおよそ30分。古代ハワイアンの史蹟が数多く残されており、世界三大パワースポットのひとつと言われている場所に位置します。東京ドーム約280個分の敷地には2軒のホテルがあり、ホテルの他には分譲コンドミニアムやゴルフコースもあります。

今回の宿泊費はH.I.Sのネット予約で、3泊117,450円(部屋指定無し)でした。リゾートフィー($35×3日)と朝食($21.1×2人×3回)込みの価格だったので、そこそこお得に泊まれたのではないかと思います。フェアモント公式サイトからの予約の場合、最低価格保証があるものの、英語で所定のフォームに入力したり、より安いプランが掲載されているサイトのスクリーンショットを添付したりと色々と手間がかかるので諦めました。

優雅なホテルステイが叶う、子連れにもフレンドリーなホテル

私は建築に詳しくないので勝手なイメージですが、このホテルの建物はコロニアル様式を現代っぽくアレンジしたというか、「ヨーロッパのお金持ちが南の島に建てた別荘」といった雰囲気です。元々はリッツカールトンとして建てられ、その後、シェラトンを経て、現在はフェアモントの運営になっています(オーナーは2015年から韓国の未来アセット)。

真っ白な壁にダークブラウンが調和し、重厚感があるデザインです。南国植物の濃い緑色が美しい中庭を抜ける渡り廊下は必見。昼間も素敵ですが、夕方灯りがつくと、まるで映画の世界のような雰囲気になります。また「オーキッド(蘭)」の名前のとおりホテルのいたるところに南国のお花が飾られていて、どこを撮っても絵になります。築30年近く経っており、ところどころ年季が感じられる箇所もありますが、毎朝お庭などを丁寧にお手入れしているスタッフの姿を見るに、このホテルが大切に管理されてきたことが伝わってきます。

<img src="fairmont orchid hawaii corridor.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ 渡り廊下"/>

ロビーと客室をつなぐ渡り廊下。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

ロビーに飾られた花。

優雅な雰囲気が漂うホテルですが、ベビーカーを押して歩くお父さんや、赤ちゃんをスリングで抱っこしているお母さんなど、ファミリー層をしばしば見かけました。

うちの長男はまだ小さいので海やプールには入りませんでしたが、子供用の屋外プールや、子供と一緒でも安心して遊べそうな浅瀬の白砂ビーチ(SUPやブギーボード、シュノーケルのレンタルあり)があるので、幼稚園くらいの子の水遊びにはもってこいだと思います。プールにウォータースライダーなどの遊具はないので、小学生くらいのプール遊びが楽しくて仕方ない年頃の子にはちょっと物足りないかもしれません。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

ホテルの前の白砂のビーチ

ホテル内を歩き回る際の服装については、「ロビー周辺エリアはお子様ゲストであっても服装にはご配慮を」と書かれてありました。子供であっても、ロビーをパジャマや水着で歩き回るのはNGです(ロビーは2階なので、部屋からはロビーを通らずにビーチやプールへ行くことができます)。大人はよそ行き用のTシャツ+半パンや、ワンマイルウェア的なラフなワンピースの人が多かったです。どうやら「ラフだけれど部屋着ではない」というのがポイントのようです。※朝食会場もラフな服装の方がほとんどでしたが、そのほかのレストランのドレスコードは念のためご確認ください。

ホテルにはレストランが数軒ありますが、コンシェルジュに確認したところ、どのレストランも子連れで入店OKとのこと。今回ホテル内のレストランは朝食ビュッフェの会場の「ザ・オーキッド・コート」しか利用しませんでしたが、ここでは息子にハイチェア(ベルト付き)を用意してくださり、スタッフの方々が代わるがわる「Oh!こんなところにベイビーがいるじゃない」なんて声を掛けてくれるなど、とてもキッズフレンドリーな雰囲気でした。

朝食ビュッフェにはその場でクレープやワッフルを焼いてくれるコーナーがあり、大人も子供もテンション上がります。また、プールサイドの「ハレカイ(Hale Kai)」に夜の散歩の途中でアイスクリームを食べに立ち寄りましたが、赤ちゃん連れはカウンター席はダメだけれど、テーブル席ならOKとのことで歓迎してもらえました。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

朝食会場のオーキッドコート。

日本語ゲストサービスあり!英語に自信がない人でも安心して泊まれる

滞在中は私たちの他に日本人ゲストは3組ほどしか見かけませんでした。アメリカ本土からの宿泊客が多い印象です。ハワイ旅行でありがちな「せっかく海外に来たのに日本人だらけ!」ということになりませんでした。

それでも日本人ゲスト向けのサポートはバッチリで、ホテルのフロントには日本人ゲスト専用のカウンターがあり、日本語で対応してくれます。どうやらチェックインの際、日本人ゲストは英語が話せるか否かに関わらず日本語カウンターで対応するオペレーションになっているようです。日本語で書かれたホテルの地図もいただきました。「バスキオスクは売店ではありません」「シャトルではワイコロアビーチリゾートのショッピングモールへは行きません」など、日本人からのよくある質問をまとめたであろうかゆい所に手が届く説明文も付いてました。

私たちはベビーベッドを事前にリクエストしていたのですが、部屋にチェックインするとベビーベッドがまだ用意されていなかったので、そのことを日本語ゲストサービスの方に電話で伝えたところ、すぐにハウスキーピングの方がベッドを運び入れてくれました。日本語ゲストサービスの方、少し無愛想というか、怖そうな方なのかなと思ったのですが、仕事はきっちりやってくださるのでありがたや。

買い物や食事に気軽に行ける便利な立地!

マウナラニリゾート内には小規模ながらショッピングモール(ショップスアットマウナラニ)があり、お惣菜やお土産も取り扱っているスーパーマーケットの「フードランドファームス」と6軒のレストランがあり、滞在中はかなりお世話になりました。ホテルのコンシェルジュによると、子連れでこちらのショッピングモール内のレストランを利用するなら「SHIONO'S」か「Tommy Bahama's Tropical Cafe」がオススメとのことで今回この2軒で食事をしました。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

ショップスアットマウナラニ

日本料理店「SHIONO'S(シオノ)」は以前はマウナラニリゾート内のゴルフコースのクラブハウスにあったレストランです。契約終了でショッピングモールへ移転したそう。以前よりカジュアルな雰囲気になった印象です。ハワイ島で養殖されたアワビのお寿司&天ぷらをいただきました。お寿司のほか、定食メニューもあります。

「Tommy Bahama's Tropical Cafe(トミーバハマズトロピカルカフェ)」は、「さすがトミーバハマ」と頷ける、都会っぽい洗練された雰囲気のレストラン。子供向けのメニューもあります。テラス席からのサンセット目当てのお客さんで混み合うので夕方は予約必須です。Open Tableなどの予約サイトから簡単にネット予約ができます。

ホテルからショップスアットマウナラニへ行くにはわざわざ車を出さなくても、シャトルバスで気軽に移動できます。待ち時間もほとんど無く快適です。ちなみにこのシャトルはマウナラニリゾート内を無料(1人1〜2ドル程度のチップは必要)で移動できるので、リゾート内のもうひとつのホテル、マウナラニ・オーベルジュ・リゾート・コレクションのレストランへご飯を食べに行くことも可能です。

この他に、お隣の「ワイコロア・ビーチ・リゾート」内のショッピングモール(クイーンズ・マーケットプレイス)へ車で15分程度とかなり近く、レンタカーがあればささっと行くことができます。こちらのショッピングモールにはフードコート(メキシカンやアジアン、ピザなど)やスターバックスコーヒーなどの飲食店があります。また、スーパーマーケットの「アイランドグルメマーケット」でハワイの定番お土産屋さん「ABCストア」の商品が買えるほか、ハワイアンキルトの専門店やクイックシルバーなどのサーフブランドのお店もあるので、お土産探しならショップスアットマウナラニよりもクイーンズマーケットプレイスのほうがオススメです。

ホテルのセルフ駐車場は無料

ホテルの駐車場はセルフパーキング(無料)とバレーパーキング(1泊10ドル)が選べます。バレーパーキングは1泊10ドルのほか、車を移動してくれる係員さんへのチップも必要なので実質もうちょっとお金がかかります。私たちはセルフパーキングを利用しましたが、夕方になるとホテルの玄関に近い駐車スペースから埋まっていってしまうので、どんどん遠い所へ追いやられてしまいました。荷物が多い時は要注意です。

広々したお部屋で快適ステイ。バルコニーも広いよ!!

部屋指定なしのプランだったので、アサインされたのは最も安い「フェアモントガーデンビュー」のお部屋でした。窓からの景色はお庭のグリーン。ラナイ(ベランダ)に出ると、遠くにほんのちょっとだけ海が見えます。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

フェアモントガーデンビューの部屋からの眺め。

このホテルは建物の構造上、海に面した部屋の数はごくわずか。レビューによると、オーシャンフロント以外は、部屋からの海の眺めはあまり期待できないとのことだったので、眺望は諦めて価格優先で決めました。しかし、お庭に面している部屋にも意外なメリットがあり、毎朝南国の小鳥のさえずりで目を覚ますというなんとも幸せな体験ができました。以前ワイキキのホテルに泊まったときは隣のビルのエアコン室外機の音で目覚めたので、「ああ、ハワイ島に来て良かった。」としみじみ思いました。

さらに、夜になるとラナイ(バルコニー)から、ほかの建物の明かりに邪魔されずに満天の星空が見ることができます。天気の良い夜は本当に絶景。ラナイはかなり広々している上に、隣の部屋からも覗き込まなければ丸見えではない程度の遮へいがされているため、プライベート感も◎。海外のホテルでありがちな「バルコニーに出たら隣の部屋の人と目が合っちゃう」なんて心配は無用でした。滞在中はここでランチを食べるなど、リビング感覚で利用していました。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

客室内の様子。

客室の広さはスイートルームを除けば、全て同じ48平米です。スーツケース2個を余裕でしまえるサイズのクローゼットがあり、部屋の中が荷物だらけにならずに済みました。キングベッドの横にベビーベッドを置いても狭さは感じませんでしたが、エキストラベッドを入れて大人3人で泊まるとなると少し窮屈かもしれません。お部屋は白とダークブラウンの落ち着いたインテリアでした。ベッドサイドの照明の脚が巻き貝のデザインになっているなど、控えめながらリゾート感があって素敵です。

フェアモントのロゴが入ったオリジナルのスリッパが用意されていたので、日本から持ってきたダイソーのスリッパは封印しました。長男はオムツを交換する時にゴロゴロと寝返りしてしまうので、持参した1畳サイズのレジャーシートを床に敷き、その上でオムツを交換しました。ハイハイなどで激しく動き回る月齢の赤ちゃんの場合は、さらに大きなサイズのレジャーシートがあったほうが良さそうです。床はカーペット敷きなので、赤ちゃんが転けてもゴツンとなることはないので安心です。部屋には調乳に欠かせない湯沸しポットもありました。容量だけでなく音量までアメリカンサイズでうるさいのですが、アメリカのホテルでは湯沸しポットがコーヒーメーカーと兼用なことも多いので、ポットがあるだけで十分ありがたい。

住めそうなくらい広くておしゃれなバスルーム!

大理石張りのバスルームは1人暮らしが出来そうなくらい広々していました。洗面台が2個あるのが嬉しい!お風呂はバスタブとシャワールームが別になったタイプです。長男をお風呂に入れるときは、お湯を張ったバスタブの中で身体を洗い、最後にペットボトルに溜めておいたきれいなお湯ですすぎました。バスタブのところに洗濯紐があり、洗濯物を干すことができます。

バスルームには2人分のバスローブと3人分のタオルセットが用意されていました。タオルがふんだんに使えるので赤ちゃん連れは助かります。細かいことを言えば、トイレのタンク上の棚に新しいタオルを置くのはやめてほしかったです。せっかくこんなに広いんだから他にも置く場所あるやん。夕方にはターンダウンサービスがあり、部屋を簡易清掃してくれます。清掃後には枕元にミネラルウォーターと、翌日の天気が書かれたカードが置かれていました。残念ながら3泊のうち2泊は長男がちょうど眠っている時間帯だったので、夕方のお掃除はご遠慮しました。私はターンダウンサービスにすごく憧れがあったんですが、赤ちゃん連れ旅行だと時間帯的に厳しいですね・・・

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

バスルーム。洗面台は2つ。

赤ちゃん連れはベビーベッドをリクエストしておくのがおすすめ。嬉しいベビー用アメニティも付いて来た!

ホテルに事前に連絡し、ベビーベッドを用意してもらいました。追加料金はかかりませんでした。ベビーベッドは部屋のインテリアに合うダークブラウン(ただし、そこそこ年季が入っています)。事前に伝えてあった子供の月齢に合わせてくれたのか、ベッドの高さが最下段になっていました。さらに嬉しいことに、可愛い過ぎるラッコちゃんのベビー用アメニティまで付いて来ました。お部屋のキングベッドはマットレスがかなり柔らかめで高さも高めだったので、赤ちゃんとの添い寝はちょっと危ないかな、と感じました。赤ちゃん連れで宿泊される方はベビーベッドを借りることをお勧めします。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

ベビーベッド。事前にお願いして用意してもらった。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

ベビー用のアメニティ。

私たちは出発の1週間前にEメールでリクエストしました。ベビーベッドは英語で「baby crib」で、送った文章は以下のような感じです。旅行会社を通してホテルを予約している場合、旅行会社からホテルへ宿泊客の情報が知らされるのが宿泊直前になる場合もあるので、旅行会社を通していることを伝えたほうがスムーズです。メール送信から4時間後にRESORT NIGHT MANAGERの方から「承知しました」という内容のお返事がいただけました。対応が超素早くて素敵です。余談ですが、日本語で返信が来るといいな、と期待を込めて英語と日本語の併記でメールしてみましたが、返信は英語でした。

Dear Sir / Ms

Hi. My name is 名前. I have a reservation from 月.日 to .
I booked through a travel agent ●●●, the booking number is ●●●.
I email you because I have something that I would like to ask you.
If it’s possible, I would like to reserve a baby crib for my month old child. Please let me know if it’s possible or not.
I’m looking forward to hearing from you soon.

Sincerely,

名前

ベッド以外にホテルでベビー用品の貸し出しがあるか尋ねると「Dorkel Snorkelという会社を直接当たってください」とのことでした。ホームページを確認したところ、観光客向けにシュノーケル用品とベビー用品をレンタルしている会社で、ホテルまで配達してくれるそうです。ベビーカー(1日10ドル)を借りるか迷いましたが、折り畳み式の簡易バギー(アンブレラストローラー)がターゲットなどのディスカウントストアで30ドル前後で購入できるので、レンタルは利用しませんでした(結局、レンタカーでの移動がほとんどで抱っこ紐だけで間に合ったので、簡易バギーも購入しませんでした)。

筋トレ好きのパパさんにオススメ!フィットネスジムのマシンが充実

うちの夫はホテルのジムで筋トレすることが旅の楽しみのひとつで、今回も張り切ってシューズを持ってハワイ入りしました。フェアモントのフィットネスルームは期待以上に充実していたようで、かなり喜んでいました。私ものぞいてみましたが、ホテルの施設というよりむしろスポーツクラブ並みの規模。さすがフィットネス大国アメリカです。

<img src="fairmont orchid hawaii with kids.jpg" alt=“フェアモントオーキッドハワイ"/>

ホテル内のフィットネスジム。

有酸素系のエアロバイクやルームランナー(20台くらいある)やバランスボールの他、筋トレ用のラットマシン、ケーブルマシン、チェストプレス、スミスマシン、各種ダンベル、インクラインベンチなどなど。18歳以上の宿泊者なら無料で利用できます。昼間は利用客もほとんどおらず、貸切状態でした。

総合的に大満足!

今回の旅行は0歳児連れだったので、観光はせずにのんびりマウナ ラニリゾートを楽しむのが目的だったので、海・食・買い物が少ない移動時間で完結できるこちらのホテルは大満足でした。

残念だった点は、強いて言えば、ホテル内にコインランドリーがなかったことでしょうか。とは言え、たった3泊なので子供の汚れ物の洗濯は手洗いで十分間に合いました。子連れ旅では洗濯機や電子レンジが使えるコンドミニアムも捨てがたいところですが、離乳食の温めや調乳は湯沸しポットさえあればなんとかなりましたし、また3〜4泊程度のハワイ島旅行の際には、宿泊先の候補にしたいホテルです。

-旅行
-,

© 2020 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5