湘南観光

鎌倉・七里ヶ浜&稲村ガ崎のカフェ・レストランまとめ〜子連れで行ってみました

海沿いに広がる風景が心地良い街。オシャレな飲食店がたくさんのエリア

江ノ電の七里ヶ浜駅と稲村ヶ崎駅のまわりは、海沿いの絶景はさることながら、オシャレなレストランやカフェが数多くある、鎌倉・湘南観光の人気エリアです。

この記事では、七里ヶ浜駅と稲村ヶ崎駅から徒歩で行ける人気の飲食店をまとめてご紹介します。

どのお店も、筆者が実際に子連れで利用してみたレポート付きです。小さな子供連れや赤ちゃん連れでの江ノ電沿線さんぽにお役立てください。

●この記事の情報は、取材日時点(2020年夏から秋にかけて)のものです。お店の営業内容に変更等ある可能性がありますので、お出かけの際は、店舗の公式ホームページやSNSをご確認ください。

bills七里ヶ浜(ビルズ七里ヶ浜)〜オーシャンビューを楽しみながらいただく絶品パンケーキ

・七里ヶ浜駅から約150m。施設内に駐車場あり(有料)。

・予算2,500円程度から。

・予約可。・クレジットカード利用可。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

七里ヶ浜の超有名店、bills七里ヶ浜。有名過ぎて説明不要かとは思いますが、人気メニューはリコッタパンケーキ(税抜1,600円)。リコッタチーズとメレンゲをたっぷり使った、ふわふわのパンケーキです。オーダーから提供まで20分ほどかかります。

子供用のハイチェア(ガード付き)があります。席によっては、ベビーカーをテーブルに横付け可能。キッズメニューとオムツ交換台はありません。

スタッフさんは子連れにとても親切&フレンドリー。大人向けのオシャレな雰囲気のお店ですが、小さな子供連れも多いです。

商業施設の2階にあります。2階へ登る階段は、けっこう急です。エレベーターやスロープは無いため、ベビーカーの場合は要注意。

2020年11月現在、平日でもお客さんが結構入っているので、予約して行ったほうが良いです。特に休日は、早々に予約枠が埋まってしまうので要注意。公式サイトでは2か月前から予約を受け付けています。

「今週末どうしても行きたい!」という時は、予約サイトの一休.comをチェックしてみると、意外と枠が空いていることがあります。

bills七里ヶ浜については、子連れでbills七里ヶ浜〜子供向けの設備がほとんど無くても、ママ達に支持される理由で、より詳しく紹介しています。

Pacific DRIVE-IN(パシフィックドライブイン)〜海を見渡すテラス席とハワイアンプレートランチ

・七里ヶ浜駅から約500m。駐車場あり(1,000円以上購入で1時間無料)。

・ランチの予算2,000円程度、喫茶(スイーツ+ドリンク)の予算1,000円程度から。

・予約不可。・クレジットカード利用可。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

おそらく七里ヶ浜で最も目立っているお店、Pacific DRIVE-IN。国道134号線沿いに立つ海辺のドライブインカフェです。以前はFirst Kitchenだった建物が、オシャレでアメリカンな店舗に改装されています。

ハワイで修行したシェフがフード監修を務めており、ガーリックシュリンプ(税別1,450円)やロコモコ(税別1,200円)などのハワイアンプレートランチが人気。「NAKAMURA GENERAL STORE」の、アメリカンな絶品スコーンもおすすめです。

子供用のハイチェア(ガード付き)あり。ソファ席もあります。席によっては、ベビーカーをテーブルに横付け可能。キッズメニューとオムツ交換台はありません。

オープンから5年が経ちましたが未だに大人気で、平日でもそこそこ混雑しています。テラス席のほうが人気なので、店内席であれば待ち時間が少なくて済むことも。

Pacific DRIVE-INについては、Pacific-DRIVE-IN(パシフィックドライブイン )を子連れで利用してみた〜鎌倉・七里ヶ浜で、より詳しく紹介しています。

Double Doors(ダブルドアーズ)〜フードも景色も大満足、のんびり長居したくなるカフェ

・七里ヶ浜駅から約210m。駐車場なし(近隣の有料駐車場利用)。

・ランチの予算2,000円程度、喫茶(スイーツ+ドリンク)の予算1,000円程度から。

・予約可。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

七里ヶ浜のセブンイレブンのすぐそばにある、アメリカ西海岸風の佇まいのカフェDouble Doors。ちょっとアンティークっぽい、シャビーな雰囲気です。

イタリアンやメキシカンを中心とした創作料理が楽しめます。フード・スイーツともに、オシャレでボリューム満点。ストウブを使ったお料理もあります。

子供用のハイチェア、オムツ交換台はありません。ソファ席、キッズメニューあり(税別600円〜)。

テーブル同士の間隔が狭い箇所が多いので、店内・テラス席ともにベビーカーの利用は要相談です。念のため、チェアベルトを持参しておいたほうが良いかと思います。また、お店の入口には6段程度の階段があります。

海と江ノ島が見えるテラス席が人気です。交通量が多い国道134号線沿いですが、お店の前は広めの歩道になっていて意外と静か。店内席は、隅々までアンティークな雰囲気でまとめられており、こだわりの感じられる素敵な空間です。

曜日と時間によってはけっこう混雑しているので、予約がおすすめです。週末の予約は、その週の頭の月曜日から受け付け開始です。

TEDDY'S BIGGER BURGERS(テディーズビガーバーガー)鎌倉七里ヶ浜店〜ハワイ生まれのグルメバーガー

・七里ヶ浜駅から約110m。駐車場は建物の前に3台あり(建物内の他の店舗と共用)。

・ランチの予算1,000円程度〜。

・予約不可。・クレジットカード利用可(JCBは不可)。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

国道134号線沿いのオーシャンビューのハンバーガーショップTEDDY'S BIGGER BURGERS

自家製スーパーソースと、ふわふわバンズが自慢のグルメバーガーです。プレミアムオリジナルバーガー(税抜880円)をはじめ、「素材」と「出来立て」にこだわったハンバーガーが楽しめます。

セットメニューが充実しています。プラス480円でポテト(orサラダ)とドリンクセット、280円でドリンクセット、240円でポテト(orサラダ)セットなど。キッズメニューはありません。

海と江ノ島を見渡すテラス席が人気ですが、バーカウンターのような背の高いタイプの椅子とテーブルなので、子供にはちょっと座りにくいかもしれません。

店内は、席によってはベビーカーをテーブルに横付けできます。子供用のハイチェア(ガード付き)や、1席のみですがソファ席もあります。キッズメニューやオムツ交換台はありません。

お店は建物の2階にあります。エレベーターはありません。2階へ登る階段(12段程度)はちょっと狭めです。

2001年から連続で、ハワイの地元新聞の読者が選ぶ「ハワイBESTバーガー賞受賞中」だそうです。このランキング、ハワイの様々なジャンルのお店を『BEST●●』として選出しており、2019年のBESTベントー(弁当)はセブンイレブン、BESTピザはピザハットでした。ある意味、忖度なしのガチなランキングなのかも?!

Amalfi CAFFÈ(アマルフィイカフェ)〜超絶景テラス席とリーズナブルな価格設定

・七里ヶ浜駅から約60m。駐車場は、アマルフィイ本店と共用。

・喫茶(スイーツ+ドリンク)の予算1,000円程度、ランチ(軽食)の予算1,000円程度。

・予約不可。・クレジットカード利用可。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

Amalfi CAFFÈは、七里ヶ浜駅周辺に複数の店舗を構えるイタリアンレストラン「アマルフィイ」のカフェ業態。1階はケーキ屋さん、3階がカフェです。

ドルチェセット(税別1,000円)が人気。選べる特製ケーキと日替わりの焼き菓子、さらに季節のジェラートとドリンクがセットになったコスパ抜群のセットです。

スイーツだけでなく、パニーニセットなどもあるので、軽めのランチとしても利用できます。

子供用のハイチェア、オムツ交換台、キッズメニューはありません。店内席のみですが、ソファ席があります。

カフェは3階にあるため、1階から外階段を登ってアクセスします。エレベーターはありません。ベビーカーは1階の前庭部分に置いておくことが可能(私が訪問した時は、ケーキ屋さんの店内で預かっていただけました)。

高い位置から海を望むことができる絶景テラス席が人気です。風が強いので要注意。途中で席の移動はできません。

隠れ家的な雰囲気ですが、時間帯によってはお客さんが外階段までズラッと並ぶ人気店です。予約はできないので、オープン時間に合わせての来店がおすすめです。

Amalfi CAFFÈについては、鎌倉・七里ヶ浜のアマルフィイカフェに子連れで行ってみた〜海の見えるプチプラカフェで、より詳しく紹介しています。

カフェ ヨリドコロ〜絶品干物定食と江ノ電が見えるカウンター席が人気

・稲村ガ崎駅から約200m。駐車場無し(近隣の有料駐車場利用)。

・朝食予算500円〜1,000円。昼食予算1,000円〜2,000円。喫茶(スイーツ+ドリンク)予算1,000円程度。

・予約不可。・クレジットカード利用可。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

カフェ ヨリドコロは稲村ガ崎駅から歩いてすぐ、江ノ電の線路沿いにある、大正時代の古民家を改装したお店。

専門店の干物やこだわりの卵を使った定食が人気。朝ごはんは、「卵かけごはん定食」(税別500円)や「あじ干物定食」(税別650円)など、とってもリーズナブル。11時以降はスイーツやコーヒーなどのカフェメニューも提供。もなかや自家製チーズケーキ、アイスクリームなどがあります。

とても小さな、こじんまりとしたお店です。店の前で注文や体温測定(非接触式)を済ませてから、中へ入ります。

江ノ電が見える窓側のカウンター席が人気ですが、背の高いタイプの椅子なので、子供は座りにくいかもしれません。他に、テーブル席、小上がり席、テラス席(こちらも背の高いタイプの椅子)があります。全ての席から江ノ電が見えるわけではありません。

ソファ席や子供用のハイチェア、キッズメニューはありません。

とっても人気のお店で、土日は朝早くから行列が出来ています。平日でも朝8時過ぎに行くと行列、お昼前も行列でした。

お店の方によると、朝ご飯を食べるなら、ねらい目は平日の朝7時台だそうです。※平日の朝は江ノ電沿線の高校の通学ラッシュで電車が混雑するので要注意。

私が平日の夕方16時ごろ訪問した時は、先客は1組しかおらず、ベビーカーをテーブル席に横付けできました。カウンター席には誰もいなかったので、テーブル席からでも江ノ電が見えました。

11時から18時は、カフェメニューとランチメニューの両方が利用できるので、窓から見える江ノ電がお目当であれば、ご飯どきは外して、カフェもしくは遅めの昼食か早めの夕食として利用するのもアリかと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。七里ヶ浜・稲村ガ崎エリアへ行くなら、「かながわ景勝50選」の稲村ガ崎公園(鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区)も立ち寄りスポットとしておすすめです。

小高い場所にあり、七里ヶ浜、腰越、江ノ島が見渡せる絶景ポイントです。特に夕陽の時間帯は、伊豆の山々に沈む夕陽と、黒砂のビーチに反射する夕陽のオレンジ色がため息が出るくらいキレイです。

<img src=“shichiri inamura cafe.jpg" alt=“七里ヶ浜稲村ガ崎カフェ"/>

稲村ガ崎公園は、稲村ヶ崎駅から約350m、七里ヶ浜駅からは約1.4kmです。七里ヶ浜駅から稲村ヶ崎駅方面へ徒歩でアクセスする場合、歩道が狭い箇所があるので、なるべく線路沿いの道を通ると歩きやすいです。

この記事で紹介したカフェやレストランの詳しいレビューは、下記をごらんください。

bills七里ヶ浜

Pacific DRIVE-IN

Amalfi CAFFÈ

-湘南観光
-, ,

© 2020 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5