横浜の飲食店

横浜中華街・重慶茶樓の飲茶食べ放題に子連れ・赤ちゃん連れで行ってみた

点心と本格四川料理の両方が食べられる!重慶茶樓本店(じゅうけいさろう)

四川料理や点心をお手頃価格で楽しめる、飲茶専門店「重慶茶樓(じゅうけいさろう)」

1959年開業の老舗「重慶飯店」が展開する、カジュアル路線のレストランです。

ちなみに、横浜中華街のランドマーク「ローズホテル 」も重慶飯店が経営しています。

今回、家族4人(私、夫、長男2歳、次男0歳)でディナータイムの飲茶食べ放題に行ってみました。

実際に行ってみて気付いた、お店の雰囲気やメニュー、子連れ向けのサービス、お得な予約方法などをご紹介します。

●この記事は2022年4月時点の情報です。

高級店の味が3,000円台の格安食べ放題で楽しめる

重慶茶樓のオーダー式バイキングは120分制。

料金

・70種食べ放題 大人3,850円

・30種食べ放題 大人3,300円

(子供は70・30種ともに小学生2,200円、3歳以上1,100円)

<img src=“yokohama china town jukeisarou with kids.jpg” alt=“横浜中華街 重慶茶樓 子連れ”/>

店舗外観。重慶飯店のお土産やさんの2階。

食べ放題のメニューはランチ・ディナー共通。

手頃な価格で、本格四川料理の名店の味をいただくことができます。(参考までに・・・重慶飯店本館のコース料理は7,000円〜。)

30種は点心系(餃子、しゅうまい、肉まんなど)。

70種は点心系に加え、エビチリや坦々麺など四川料理系のメニューもオーダー可能。

重慶飯店名物の麻婆豆腐はどちらのプランでもオーダー出来ます。

70種プランのほうは、麺類や鶏の唐揚げ、ポテトフライなど、小さな子供が食べられそうなメニューが充実しているので、今回は70種のプランにしました。

子供連れ向けのサービス、ベビーカーの利用など

重慶茶樓は重慶飯店第一売店の2階です。エレベーターは無く、売店の入り口付近にある階段を昇ってアクセスします。

席数は全部で115席。壁側に2人掛けと4人掛けのテーブル席(壁側はソファ)が並んでいるのと、真ん中に大きなテーブル(20人くらい座れそうなカウンター席)があります。

<img src=“yokohama china town jukeisarou with kids.jpg” alt=“横浜中華街 重慶茶樓 子連れ”/>

店内。両サイドの壁側に椅子&ソファのテーブル、中央に大テーブル。

ひとつひとつのテーブルが小さめで、隣のテーブルとの間隔も狭めです。例えるなら、マックの店内席くらいのサイズ感。空いてる時間帯なら良いのだけど、満席だとやや窮屈かな。でも、通常4人掛けはテーブル2台のところを、3台使わせてもらえてありがたかったです。

席でのベビーカーの利用は可能でしたが、スペースが決して広くはないので、ベビーカーを利用する場合は事前にお店に問い合わせをしたほうが良さそうです。

子供用のハイチェア、取り皿、コップ、カトラリーを用意してもらえます。店内のトイレにオムツ交換台はありませんでした。

今回、壁側のソファに夫と長男、通路側の椅子に私と次男(ベビーカー)で座ろうとしましたが、長男がハイチェアに座ることを熱望。

ソファ席に夫が1人で座り、椅子席に次男(ベビーカー)・私・長男の3人が並んで座ることになりました(テーブルの配置的に、ベビーカーをお誕生日席に置くことはできなかった)。

お店のせいじゃないけど、めっちゃくちゃ狭かった・・・

店内の雰囲気・・・仕事帰りのお客さんで賑やか

私たちが伺った日は、金曜の夜。会社帰りと思われるスーツ姿のお客さんが多く、店内は満席でした。

しかし、料理がかなり速いペースで提供されるので、ラストオーダーまでにお腹いっぱい食べることができました。

タッチパネルなどの端末は無く、店員さんに口頭でオーダーする方式です。

ホールの店員さんは、フレンドリーな方、クールな方、まだ慣れてない新人の方など、様々でした。

全体的に、親切丁寧というよりかは、多忙な時間帯をなんとか乗り切ろうと戦っておられる戦士の顔に見えました。重慶飯店の姉妹店とはいえ、この価格帯ですし、接客面ではあまり期待しちゃいけません。

予約サイトや公式ホームページに載っている店内写真では、お上品系の店っぽく見えますが、にぎやかで、全く気取らない雰囲気のお店です。

点心を蒸すためのせいろも、公式の写真と違ってかなり使い古されてます(笑)特別な日のお食事じゃなく、観光の合間に低予算で美味しい中華を楽しみたい人や、地元の人の普段使い向けなお店です。

お料理はどれもめちゃウマ。あれこれ試せて楽しすぎる!

点心、四川料理、デザートなど、いろいろオーダーしてみましたが、どれも美味しかったです。

この価格でこのお料理が食べられるなら、多少テーブルが狭くても店員さんが無愛想でも、来た甲斐があったな〜と思います。

もち米焼売、前菜の蒸し鶏、フカヒレ餃子、サンラータン、ラーメン・・・ほんと、全部美味しかったです。表現力が貧しくてすみません。せいろはボロいですが、中のシュウマイや餃子は宝石のように美しいです。

<img src=“yokohama china town jukeisarou with kids.jpg” alt=“横浜中華街 重慶茶樓 子連れ”/>

小籠包とフカヒレ餃子。

点心系は、1個単位でオーダーします。気になるメニューをあれこれ気軽に試せて楽しかったです。

四川料理は少なめのポーションとはいえ、けっこうな量で提供されます。ラーメンは3/4玉くらい、エビチリはエビが10匹でした(贅沢!)。お料理系をオーダーする時は同席者とお腹の具合を相談したほうが良いです。

四川料理は辛いイメージが強いですが、そんなに激辛なお料理には遭遇しませんでした(辛いお料理はメニュー表に唐辛子マークが付いています)。

デザートは桃まんが美味しかったです。見た目も「食べ物じゃなくてオモチャじゃない?」ってくらい可愛い。2歳の長男は、デザートに大好きなアイスが食べられて満足げでした。

<img src=“yokohama china town jukeisarou with kids.jpg” alt=“横浜中華街 重慶茶樓 子連れ”/>

可愛すぎるうえに美味しすぎる桃まん。もっと食べれば良かった・・・

お得な予約方法

食べ放題プランを利用する場合は、web予約がオススメです。

今回は食べログから予約し、平日限定で通常価格よりもお得な料金でした(通常3,850円→3,500円)。期間限定で1ドリンクの特典も付いていました。

お店の公式サイトからの予約の場合、重慶飯店会員アプリ利用者限定で、休日でも上記の割引価格と1ドリンクサービスが適用されます。(2022年4月末現在)

食べ放題(オーダーバイキング)以外にも、ランチセットやコースが2,000円〜楽しめます。席だけの予約も可能です。

出来ることなら、子連れじゃなく一人でぷらっと中華街に来て、ここのランチを食べたいなぁ・・・

ネット予約はここから↓

食べログ
ホットペッパー

アクセス

重慶茶樓は横浜中華街の朝陽門(東門)のすぐそばにあります。中華街大通り沿い、すしざんまいの斜め向かいです。

<img src=“yokohama china town jukeisarou with kids.jpg” alt=“横浜中華街 重慶茶樓 子連れ”/>

朝陽門(東門)

みなとみらい線の元町・中華街駅からのアクセスが良いですし(駅出口から徒歩2分)、山下公園も近いため、観光の合間に立ち寄るのにとても便利です。

ちなみに、すぐご近所(南門シルクロード沿い)には、香港式飲茶食べ放題で人気の「招福門」もあります。こっちは席が広々としているので、ゆったりと楽しみたい方にオススメ。

子連れで招福門に行ってみた感想はこちらから

 

横浜中華街を満喫するのにオススメなホテル↓

ホテルニューグランド 子連れ宿泊レポ

 

横浜でどこに泊まるべきか分かる、子連れおすすめホテルまとめ↓

【横浜】子連れおすすめホテルまとめ〜地元民が選ぶ!子供・赤ちゃん連れ旅の宿泊先

(バスルームや立地、子供向けアメニティ、ベッドガード、壁寄せなど、子連れ向け情報をまとめています)

-横浜の飲食店
-,

© 2022 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5