横浜のホテル 横浜の飲食店

横浜ロイヤルパークホテル・シリウスのランチブッフェに子連れ・赤ちゃん連れで行ってみた

横浜ランドマークタワー70階で天空のランチタイム

日本で2番目に高いビル「横浜ランドマークタワー」

その最上階、地上277mの天空のレストラン「シリウス」のランチブッフェに行って来ました。

横浜ロイヤルパークホテルの朝食会場になっているレストランで、ランチタイムは「スカイブッフェ」として営業しています。

今回、家族4人(私、夫、長男2歳、次男0歳)で休日のランチタイムに利用しました。眺望やお料理、店内の雰囲気など、実際に小さな子供連れで利用してみた感想をリポートします。

<img src=“yrph restaurant sirius buffet with kids.jpg” alt=“横浜ロイヤルパークホテル シリウス ビュッフェ 子連れ”/>

シリウス 店内の様子。

●この記事は2022年時点の情報です。

●表示した価格はすべて税・サービス料込です。

横浜ロイヤルパークホテルの子連れ宿泊記を読む

割引価格で利用できる方法や、窓側席を指定する方法は?

シリウスのランチブッフェは、ホテルの公式サイトや一休.com、OZmall(オズモール)などから予約できます。
ネット予約はこちらから(一休OZmall食べログホットペッパー)。

通常価格は、【平日】大人4,477円、シニア3,993円、小学生2,662円、幼児1,210円

【土日祝日】大人4,961円、シニア4,477円、小学生2,904円、幼児1,210円です。

※シニアは65歳以上、幼児は4歳以上。

メニューは平日と土日祝日で大きく変わりません。(一応、土日祝日の特別メニューとして、チョコファウンテンなどがあります。)

シリウスのビュッフェをお得に利用できる方法としては、2023年1月時点では、「一休.com」で大人4,000円の割引プラン(平日)が販売されているほか、ホテル公式と一休.comにて、ワンドリンク付きのプランがありました。

ドリンクは、コーヒー・紅茶(アイス・ホット)・お水がブッフェ料金に含まれていますが、それ以外(ジュースなど)は別料金です。

今回、2歳の長男が「ジュースが飲みたい」とゴネてしまい、やむをえずオレンジジュースを追加注文。お値段1杯1,270円でした。た、高い。これならドリンク付きのプランにしたほうが安かったなぁ・・・。

そのほかにお得に利用できる方法として、「かながわPay(かながわペイ)」を支払いに利用すれば、ポイント10%還元(2022年4月30日まで)が受けられます。(かながわPayは神奈川県民以外も利用可能。)

窓側席を希望する場合は、直接ホテルへ申し込み(ネット予約可)する必要があります。

シリウスは総席数150席もあるのですが、窓側席の数はあまり多くはありません。店内のテーブルの配置的に、窓側席確約プラン以外で予約すると、景色がほとんど見えない席に当たってしまう可能性が高いので、眺望重視派は直接予約がおすすめです。

参考:近隣のほかのホテルのランチブッフェの料金(大人・土日祝日)は、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルが4,900円(コーヒー・紅茶込)、横浜ベイホテル東急が4,980円(コーヒー・紅茶・ジュース込)です。

店内の雰囲気は?小さな子供を連れて行っても大丈夫?ドレスコードは?

今回は休日の11:30〜13:10の枠で利用しました。

基本的にグループ全員が揃うまでは席へ案内出来ないそうです。利用時間は予約時刻から100分制(厳守)。遅刻して行くと時間が短くなってしまうのでご注意を。

料理の品数が多い上に、広いエリアに分散して並べられているので、取りに行って戻るのにけっこう時間がかかります。人によっては100分間では少し物足りないかもしれません。

<img src=“yrph restaurant sirius buffet with kids.jpg” alt=“横浜ロイヤルパークホテル シリウス ビュッフェ 子連れ”/>

タワー70階見取図。シリウスのほかに披露宴会場がある。

<img src=“yrph restaurant sirius buffet with kids.jpg” alt=“横浜ロイヤルパークホテル シリウス ビュッフェ 子連れ”/>

シリウス店内マップ。

シリウスはランドマークタワー70階の3分の1ほどの面積を占めており、かなり規模の大きなレストランです。

店内は広々としていて、席でのベビーカーの利用も可能でした。ただし、隣のテーブルとの間隔が狭い席や、小上がりになっている席もあるため、席でベビーカーを利用したい場合は事前に問い合わせをしておいたほうが良さそうです。

昼間の店内は明るくにぎやかな雰囲気で、幼児・赤ちゃん連れでも利用しやすかったです。

今回、ホテル公式サイトから窓側席希望で予約しておいたところ、店舗入って左手(北東・ベイサイド側)のエリアの席に案内していただきました。

テーブルごとのスペースが広めに取られたプライベート感のある席で、ゆったりと過ごせました。ただ、ビュッフェのお料理が置いてある場所からは、かなり離れていました。

最近、長男(2歳)が、自分で料理を取りに行くことにハマってしまい、やたらブッフェコーナーへ同行させられて疲れてしまったので、次回からはもっとお料理から近い席をリクエストしようと思います。(同じ失敗をインターコンチネンタルの「オーシャンテラス」でもやらかしていますが)理想は窓側かつ、お料理を取りに行きやすい席ですね(笑)

入店時の服装は「タンクトップ、短パン、ビーチサンダルなどはご遠慮ください」とのこと。記念日等で来られているカップルがいたり、お手洗いで結婚披露宴のゲストとすれ違ったりするので、ちょっとキレイめな服装のほうが安全だと思います。

子連れ・赤ちゃん連れ向けのメニューやサービスは?授乳室やオムツ交換は?

席は、イス席や一人がけソファ席がほとんどですが、広め(3~4人掛けサイズ)のソファもありました。

子供用のカトラリーやプラスチック製の取り皿とコップ、ハイチェア(ベルト無し)があるほか、ビュッフェの料理を取る際に着用する使い捨て手袋のSサイズ(小学生くらいの子供向けの大きさ)が用意されていました。

子供専用メニューはありませんが、ピザや、パン、カレー、アイスクリーム(自分でディッシャーですくうのが楽しい)、ひとくちサイズのケーキやゼリーなど、小さな子供でも楽しんで食べられるお料理やデザートがあります。

カットフルーツもあったのですが、オレンジやパインなど、皮付きのフルーツが中心で、うちの長男(2歳)はちょっと食べにくそうでした。

(参考:横浜ベイシェラトンのブッフェレストラン「コンパス」には、子供向けメニューがあります。オーダー式ブッフェで超快適!)

授乳室はホテル1階、エレベーターホールのすぐそばにあります。普段はドアにカギがかかっているため、スタッフさんに開けてもらって使用します。授乳室のすぐそばには電子レンジもありました。

<img src=“yrph restaurant sirius buffet with kids.jpg” alt=“横浜ロイヤルパークホテル シリウス ビュッフェ 子連れ”/>

ホテル1階の授乳室。エレベーター降りてすぐ。

ホテルのエレベーターはとっても速いので、70階から1階まで行くのにそんなに時間はかかりません。いざとなったら食事の途中に授乳に行くことも可能かと思います。

オムツ交換台は、ホテル1階の授乳室内と、1階・70階(シリウスと同じフロア)の女性化粧室内にあります。

参考情報:ランドマークプラザ(ランドマークタワー・プラザ棟のショッピングモール)5階に、かなり広めの赤ちゃん休憩室(オムツ交換台5台、授乳スペース3室、給湯器)があります。シリウスがあるタワー棟70階からこのベビールームへ行くには、エレベーターでいったんホテル1階まで降り、ランドマークプラザ内のエスカレーターかエレベーターでランドマークプラザ5階まで登る必要があります。

日本で2番目に高い場所にあるレストランからの眺望

シリウスでは地上277m(ウルトラマン7人分の高さ!)からの眺望が楽しめます。目線の高さを飛ぶヘリコプターが見えるので、うちの長男(2歳)もご満悦でした。

南東側と北東側の2方向に窓があり、南東側は赤レンガ倉庫、大桟橋、山下公園、氷川丸、マリンタワー、遠くには房総半島が見えます。

北東側は大観覧車、ベイブリッジ、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル、遠くには東京スカイツリーなどが見えます。

<img src=“yrph restaurant sirius buffet with kids.jpg” alt=“横浜ロイヤルパークホテル シリウス ビュッフェ 子連れ”/>

今回利用した席(北東側)からの眺め。東京スカイツリーや筑波山も見渡せる。

今回私たちが利用した席は北東側でした。とんでもなく高い位置から眺めるので、ビルの足元のみなとみらい地区の景色は正直言って見えづらかったです(覗き込めば見えますが)。それよりも「はるか遠くまで見渡せる、展望台ならではの抜け感」が、ここの眺望の魅力なのだと思います。

※富士山は南西側なので、シリウスからは見えません。

お料理の内容

ローストビーフがしっとり食感でとても美味しかったです。定番のグレイビーソースか、横浜の「かねじょうみそ」を使った味噌オニオンソースが選べます。味噌ソースがめちゃウマでした。

デザートコーナーがとても充実していて、ケーキやゼリー、ムース、さらにアイスクリームやシャーベットなど、種類が豊富でした。ケーキやゼリーはひとくちサイズで取りやすい&食べやすいので、たくさんの種類のデザートを試せるのが楽しかったです。楽し過ぎて写真に納めるのを忘れてしまいましたが、色合いも鮮やかですごくテンションの上がるデザートコーナーでした。

ドリンク(コーヒー・紅茶)は、オーダー制ではなくセルフサービスです。自分のペースで取りに行けるのはありがたいのですが、席からブッフェコーナーが離れていたので、「料理を取りに行って、取った料理をいったん自分の席に置いてからコーヒーを取りに行って・・・」という無駄な動きが発生してしまい、ちょっと億劫に感じました。

感染症対策は充分に行われている?

ブッフェ・バイキング形式のレストランでは、感染症対策がきちんとされているか気になりますよね。

シリウスでは、料理を取る際に手袋・マスクを付けるように徹底されているのはもちろんのこと、お料理を取る際の導線をしっかりと示すことで、ブッフェコーナーの人の流れが一方通行になるよう工夫されていました。

私たちが利用したのは土曜日でしたが、店内はそこまで混雑していませんでした。ただ、予約時刻の都合上、大勢の人がほぼ同じタイミングで入店して食べ始めるので、最初に冷製料理コーナーとドリンクコーナー、最後にデザートコーナーという感じで人の流れが集中してしまう傾向がありました。

横浜ロイヤルパークホテル・シリウスへのアクセス

シリウスがあるのは横浜ランドマークタワー・タワー棟の70階。

ランドマークタワーは非常に目立つ建物なので迷うことはないのですが、ホテルの入り口がどこにあるのかイマイチ分かりにくいので、事前にざっくりと確認しておいたほうが良いです。

ちなみに、前提条件として以下の2点を頭に入れておくと、迷子になりにくいです。

・ランドマークタワーは、タワー棟(70階建)とプラザ棟(5階建)の2つの建物によって構成されている

・ロイヤルパークホテルはホテル棟(タワー棟内)と宴会棟(プラザ棟内)に分かれている

最寄駅はJR・横浜市営地下鉄の桜木町駅と、みなとみらい線のみなとみらい駅です。

(桜木町駅から行く場合)JR西口(ワシントンホテルやヨコハマエアキャビン乗り場がある側)からエスカレーターを登って動く歩道へ。動く歩道終点右側の「3F ホテル入口」を入ります。そこからエスカレーターまたはエレベーターで1階へ行くと、ホテルフロントのそばに70階へ行けるエレベーターがあります。(動く歩道はベビーカーでも利用可能です。コレットマーレのシネマ入口のそばに、動く歩道へアクセスするエレベーターがあります。)

<img src=“yrph restaurant sirius buffet with kids.jpg” alt=“横浜ロイヤルパークホテル シリウス ビュッフェ 子連れ”/>

JR桜木町駅西口を出て左手に行くと、動く歩道の入口がある。

(みなとみらい駅から行く場合)「ランドマークタワー・クイーンズスクエア方面改札」を出て、左手の長いエスカレーターで1階へ行きます(エレベーターもあります)。そこから右方向(桜木町駅・ランドマークタワー方面)へ直進し、ランドマークプラザ1Fの「ガーデンスクエア」まで行くと「ホテル棟入口」と「宴会棟入口」があるので、「ホテル棟入口」を入ります。ホテルフロントのそばに、70階へ行けるエレベーターがあります。

(車で行く場合)ランドマークタワーの地下に1,400台分の駐車スペースがあります(ホテル専用ではありません)。さくら通り沿いに、ホテル1階エントランスと併設された地下駐車場への入口があります。駐車場はA・B・Cブロックに分かれており、ホテル棟ホテル入口に一番近いのはAブロックです。レストラン利用の場合、5,000円以上の利用で2時間無料です。(レストランで駐車券を提示)

余談ですが、70階へ向かう高速エレベーターに乗っていると、飛行機に乗った時のように耳が詰まったような感じになりました。うちの子達(2歳、0歳)は特に気にしている様子はありませんでしたが、耳抜きが苦手な人がこのホテルを利用するのはキツいんじゃないだろうか・・・なんて考えてしまいました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。気になる方はこちらのグルメサイトもどうぞ(一休OZmall食べログホットペッパー)。

このブログでは、横浜のホテルや飲食店などのお出かけ情報を多数紹介しています。現地に行ってみないと分からない子連れ・赤ちゃん連れ向けの細かい情報も紹介していますので、ごらんください。

横浜観光に関する記事をまとめて読む

湘南・鎌倉観光に関する記事をまとめて読む

横浜ロイヤルパークホテルの子連れ宿泊記を読む

横浜ベイエリアのビュッフェ・バイキング・食べ放題に関する記事↓

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル「オーシャンテラス」

横浜ベイシェラトン「コンパス」

横浜中華街「招福門」

-横浜のホテル, 横浜の飲食店
-,

© 2022 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5