湘南観光

新江ノ島水族館周辺の子連れでランチやティータイムが楽しめるレストラン・カフェ

新江ノ島水族館(えのすい)周辺のランチやコーヒーブレイクにオススメな飲食店!地元民も利用する子連れで利用しやすいお店を紹介

せっかく湘南に遊びに来たなら、海辺のオシャレなレストランやカフェにも行きたい!とは言え、子連れでの利用しやすさや、混雑状況、新型コロナウイルスへの対応など、実際に現地に行ってみないと分からないことも多いですよね。

この記事では、えのすいや江ノ島から近く、ランチだけでなくティータイムにも利用できる飲食店を、湘南在住の筆者が実際に子連れで訪問した際の体験をもとに紹介します。

観光客に人気のエリアなので、週末はどのお店もランチタイムは行列ができることが多いですが、時間をちょっとずらしてティータイムなら、三密を避けながらゆったり楽しめるのでオススメです。

●この記事は2020年7月時点での情報です。ベビーカーでの入店の可否などはその時の混雑状況にも左右される可能性があるので、ご留意ください。

GARB江ノ島〜オーシャンビューと美味しい自家製スイーツが楽しめるレストラン

えのすいの斜め向かい、小田急片瀬江ノ島駅から徒歩3分の「GARB江ノ島(ガーブ江ノ島)」。ハワイアンパンケーキの「エッグスンシングス」と同じ建物の2・3階にあり、ウェディングパーティーでも利用されているオシャレなレストランです。薪釜で焼く本格ピッツァ(テイクアウト可)やテラスでのバーベキューが自慢のお店ですが、自家製のスイーツも本格的で美味しいです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

GARB江ノ島外観。ハワイアンパンケーキのエッグスンシングスの上の階にあります。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

エンゼルフードケーキ750円、コーヒー550円

スイーツは3種類ほどから選べます。写真は人気のエンゼルフードケーキ。卵黄を使用しない、真っ白でふわふわなケーキです。クリームたっぷりで、ひとりでは食べ切れないほどのボリュームがあります。

店内は明るく広々としていて開放感があります。窓の向こうには海とヤシの木が見え、まるで海外のビーチリゾートに来ているような気分を味わえる最高のロケーションです。テラス席もあります。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

2階店内の様子。広々としていてゆったり座れます。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

景色が素晴らしいテラス席。BBQのお客さんがいる時はちょっと騒がしいかも。

ベビーカーを開いたままの状態でも着席可能ですが、残念ながらエレベーターがありません。店員さんによると、ベビーカーは階段の下(自転車置き場になってる)に置いておいてもOKだそうです。盗難防止ロックを用意しておくと良さそうです。ちなみに、えのすいでイルカショーを観る時や江ノ島でエスカーに乗る時もベビーカーは置いておくことになるので、江ノ島観光ではロックはあったほうが便利です!

子供用のハイチェアもありますが、ベルトが無いタイプなので、チェアベルトを持参するのがおすすめです。子供用のお皿やフォークがプラスチック製でありがたい。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

アロハテーブル湘南〜気分はワイキキビーチ!キッズメニューも充実のハワイアンレストラン

片瀬江ノ島駅から徒歩1分の「ALOHA TABLE湘南(アロハテーブル湘南)」。片瀬江ノ島駅交差点に位置する、木目調の外観が目を引く建物です。テラスモール湘南や、ららぽーと海老名などのショッピングモールにも出店しているチェーン店ですが、リゾート感ではここ湘南店がきっとダントツです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

アロハテーブル湘南外観。片瀬江ノ島駅からすぐ。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

アサイーボウル1,100円、コーヒー390円

スイーツは写真のアサイーボウルの他に、パンケーキ(豆乳のホイップクリームを使用)やタルトなども。キッズメニューも充実しています。2020年8月末までは「お子さま支援ミニロコモコ」が200円です。

現在は新型コロナウイルスの対策で平日・土日とも朝8時から営業中。このエリアで朝早くから開いているお店は少ないのでありがたいです。えのすいは朝9時オープン、江ノ島の島内のお土産やさんは朝10時頃から営業し始めるので、観光の前に朝ごはん!なんて利用もアリです。詳しいメニューは公式サイトから写真付きで確認できます。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

ハワイアンムード満点の店内

ベビーカーを開いた状態でも着席が可能です。また、子供用の椅子(ベルト付き)も利用できます。

検温の実施など、コロナ対策も頑張っていて、各テーブルにガイドラインが掲示してあります。私が最近訪問したとき(2020年7月上旬)はまだ準備中だったのですが、食事中にマスクを保管する封筒の配布や各テーブルへ消毒液を設置する予定とのこと。最近はテイクアウトメニューも充実しています。

イルキャンティ・ビーチェ〜オンザビーチの大人気イタリアンレストラン

えのすいのすぐお隣にある「iL CHIANTI BEACHE(イルキャンティ・ビーチェ)」。このエリアでは貴重な、国道134号線の海側に立地するレストランです。地元の海鮮や野菜を使ったイタリアンが人気。特に「オリジナルドレッシング」は一度食べたらくせになる美味しさです(お土産用に購入も可能)。

店内はとても広く、席数も多いのですが、ランチやディナーの時間はかなり混み合います。休日は正面玄関前でオープン待ちする人が10人以上いることも。時間をずらしてカフェとして利用すれば眺めの良い席がゆったり利用できる可能性が高いです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

イルキャンティ・ビーチェ外観。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

スイーツは専属パティシエによる日替わりのケーキやシャーベット、アイスクリームなどが500円〜。イタリア・ナポリのコーヒーメーカー、KIMBOの美味しいコーヒーがいただけます。

ベビーカーを開いたままで着席が可能です。以前、ディナータイムに双子ベビーカーの方を見かけたこともありますし、大きめサイズのベビーカーでも対応していただけるようです。国道134号線側の正面入口にはスロープが無いので、ベビーカーは海側の入口に回った方が良いかと思います。子供用の椅子(ベルト付き)もあります。

スタッフさんも親切でフレンドリーな方が多く、子ども連れにはお会計をテーブルチェックにしてくださるなど臨機応変に対応してくださるのでとても利用しやすいお店です。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

テラス席。天気が良い日は富士山も見えます。

エッグスンシングス湘南江の島店〜ハワイアンパンケーキの人気店。子連れ対応もコロナ対策もピカイチ。

えのすいの斜め向かい、小田急片瀬江ノ島駅から徒歩3分の大人気ハワイアンレストラン、「Eggs 'n Things(エッグスンシングス)」。コロナ禍の中でも人気は健在で、土日の朝10時半ごろには3〜4組の順番待ちが発生しています。混雑回避のためには、午前中早めの訪問がオススメです(朝9時から営業)。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

エッグスンシングス外観。オーシャンビューではないものの、テラス席もあります。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

エッグスンパンドイッチ&ドリンク(850円)平日朝11時までの限定メニュー。

平日の朝11時まではとってもお得なスペシャルモーニングメニューが楽しめます。通常はパンケーキとドリンクで予算1,500円くらいですが、平日朝11時までのスペシャルモーニングメニューはなんと1,000円未満。コーヒーはお代わり無料です。お客さんもほとんどいなくて空いていて快適に過ごせます。

ベビーカーを開いたままで着席が可能です。子供用の椅子(ベルト付き)もあります。キッズメニューも充実。さらに、子供用のお皿やスプーン・フォーク、ぬりえセットまで用意してもらえて、至れり尽くせりです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

キッズメニューの裏面がぬりえになっています。

新型コロナ対策も、店内にあれこれ掲示するだけではなく、きちんと徹底して実施されています。入店前に検温(非接触型の体温計で手首で測る)のほか、着席するテーブルも、他のお客さんとできるだけ距離を取れるよう、配慮して案内してくれます。

最近はテイクアウトもやっていますが、土曜日の11時半に電話で予約したところ、最短で2時間後の受け取りとのこと。テイクアウトの予約は早めにしておいたほうが良さそうです。予約せずに直接お店に行く場合は、混雑状況にもよりますが15分くらいで用意してもらえるようです。

ちなみに、エッグスンシングスのお隣のハワイアン雑貨店「Kahiko江ノ島」の外壁にはプルメリアやハイビスカスが描かれたウォールアートがあります。インスタスポットとしてオススメです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

お隣の「Kahiko江ノ島」のウォールアート

クア・アイナ片瀬江ノ島店〜オールドハワイアンな内装も魅力、ハワイの人気ハンバーガーショップ。

小田急片瀬江ノ島駅の目の前にある「KUA`AINA(クア・アイナ)」。ボリューム満点のハンバーガーが人気。湘南エリアでは、鎌倉の由比ガ浜にも店舗がありますが、片瀬江ノ島店のほうが徒歩や電車でアクセスしやすい立地です。週末のランチタイムには入口前に行列ができますが、これはオーダー待ちの行列で、意外と店内には空席があることも多いです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

クアアイナ片瀬江ノ島店外観

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

オールド・ハワイアンな内装の店内。かなり広々としています。

リゾート感満点の内装の店内は、結構広々としていて、テーブルもゆったり広めです。ベビーカーを開いたままでの着席が可能で、ベルト付きの子供用の椅子もあります。このハイチェアのデザインが、めっちゃアメリカン。ハワイのホテルにあったチェアとそっくりで感動しました。細かいところまでこだわってます。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

子供用の椅子のデザインまでアメリカン。

ハンバーガーといえばファーストフードの定番ですが、クア・アイナのバーガーは提供までに15分ほど時間がかかります。お値段もランチセットで1,500円くらいなので、急いでいる時にマクドナルド的な感覚で行くと「遅い・高い」と感じてしまいます。時間がある時にゆったり味わって食べるのに向いているお店です。ちなみに、メニューはポテトやバーガーだけでなく、パンケーキもあるので、ひと休みして甘いものが食べたい時にも利用できます。

コロナ対策もしっかりしていて、消毒用アルコールは入口以外にも店内あちこちに配置、カウンター席にはアクリル板が設置されています。また、テーブル席は、もともとパーテーションで区切られている席がいくつかあるので、気になる方はそういった席を利用すると良さそうです。テラス席もありますが、川沿いにあるせいか風が強いので、利用している人は少ないです。

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

2面がパーテーションで囲まれているテーブル席

テイクアウトも可能です。私も最近利用してみました。かなり立派な紙袋とボックスに包んでくれます。箱がお皿代わりになるので、ボリュームたっぷりのバーガーも食べやすいです。これをビーチでかぶりつけたら最高なんですが、100%の確率でトンビに襲われるので江ノ島では無理ですね・・・

<img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

おわりに

いかがでしたか?新型コロナの影響もあり、子連れでのお出かけは色々と気を使うことも多い日々ですが、カフェタイムやモーニングの利用などで混雑のピークになる時間帯を避けつつ、湘南での休日を楽しんでいただければと思います。ちなみに、えのすいの混雑状況や新型コロナ対策については新江ノ島水族館(えのすい)新型コロナ対策と2020年夏の混雑レビューに詳しくまとめています。

img src="enoshima cafe.jpg" alt=“江ノ島 カフェ"/>

 

-湘南観光
-, ,

© 2020 海近アパートメント211号室 Powered by AFFINGER5